高齢出産への道のり

高齢出産について

まずはじめに

女性の社会進出が進むとともに晩婚化の傾向が高くなり、また結婚後も働き続ける女性も多くなっています。そうしたことから出産の高齢化も進んできました。 「高齢出産」とは、一般的には35歳以上で初産の場合をさしますが、40代で二人目、三人目を出産する女性も珍しくなくなってきました。

最近では芸能ニュースでも、女優さんやタレントさんが40代で出産したという喜ばしいお話を聞くことが多くなっています。今では高齢出産は特別なことではなく、ごく自然なこととして受け止められるようになりつつあるのではないでしょうか。

30代、40代はホルモンバランスが変わって、女性特有の婦人病の発生率が高くなるなど、女性の体の変わり目であり、体力的にも衰えが目立つ時期です。そうした時期に妊娠・出産・育児をこなすということは、女性にとっては大変なチャレンジであり、それだけに流産などのリスクも大きくなります。

しかし、社会経験を重ねて精神的にも余裕と深みが増し、経済的にも裕福な世帯が多いことなど、高齢出産ならではのメリットもあります。 この年齢になって子どもを産むということは、子どもが成人するまで現役で働き続けなければいけないということでもあります。子どもを作るか作らないかは、夫婦の将来像やマネープランも含めて、じっくり話し合わなければならないでしょう。そして産むという選択肢をとった時は、高齢出産について正しい知識を得て、リスクに対する予防と準備を行い、自分に合ったお産を選択しましょう。

「高齢出産は危険」「高齢出産は難産が多い」などの意見を耳にすることもあり、高齢出産を望む人は、希望と共に不安も多いでしょうが、20代の出産でも危険なことはたくさんあります。むしろ30代、40代女性の方が、人生経験も豊富で、危険と心得ることで自分を守ることができ、リスクに対しても適切に対応することができるのではないでしょうか。

何より、新しい命を授かり育てることは、世代を問わずすべての人にとって喜びであるはずです。夫や周囲の人々の理解も得て、赤ちゃんとの新しい生活を始めましょう。

高齢出産への道のり