高齢出産への道のり

高齢出産の基礎知識

30代と40代の違い

最近では晩婚化の影響や、仕事でキャリアを重ねる女性も多くなったことから、40代での初産も珍しくなくなりました。

高齢出産は35歳以上の初産と定義されていますが、妊娠・出産に伴うリスクは、30歳を超えた頃から徐々に高まっていくものであり、決して35歳を境として、急激に危険性が高くなるというものではありません。ですが、やはり30代での妊娠と40代では違いが出てきます。

個人差はありますが、30代後半から40代になると生殖機能の衰えが進みます。そのため30代後半から妊娠率は下がり始め、40代になるとさらに低下し、40代中頃になると、ほとんど自然な状態での妊娠ができないということになります。去年までは妊娠できる状態であったのに、1年経つとまったく妊娠できなくなるといったことも起こり得るのです。

しかし人工授精や体外受精であれば、母体で胎児を育てることも可能です。30代後半で初産の人の1割、40代初産では約3割が体外受精による妊娠というデータもあります。40代ではできるだけ早く、より確実に妊娠したいということから、体外受精をとることが増えるのでしょう。

40代での妊娠は、流産の確率も上がります。20代の流産が1割に対し、40代は3割というデータもあります。

それでも40代初めの健康な女性なら、まだまだ自然な状態での妊娠・出産が可能です。人生でそれなりの経験を積んだ40代女性が、妊娠・出産という新たな経験を積み重ねるのはすばらしいことであり、そのバイタリティーは称賛されるべきものでしょう。

高齢出産への道のり