高齢出産への道のり

高齢出産の基礎知識

高齢出産と不妊

高齢出産と共に、現代の妊娠・出産に関わる事例で増えているのが不妊治療です。 高齢出産に至る原因として、子どもが欲しいと思っているのに妊娠できず、長年不妊治療を続けてきた結果、高齢出産の年齢になっていた、というケースも多くなっています。

ある調査では、高齢出産の妊婦の中で、不妊治療をした割合が3割近くになったという報告もあります。

晩婚化が進む昨今ですが、それに伴い、晩婚による不妊も増えています。年齢とともに生殖機能が衰え、40代で自然妊娠する確率は数%とごくわずかになってしまいます。また30代以降は、不妊の原因となる女性特有の疾患の発症率も高まります。むしろ自然妊娠できる方が珍しくなってしまうのです。

不妊治療は、タイミング指導などの一般不妊治療に2年くらい、体外受精などの高度生殖医療に3年くらいと、非常に長期的なスパンで進められます。長い場合は5、6年かかるかもしれません。30歳から不妊治療を始めたとしても、高齢出産の年齢になってしまうことはじゅうぶん考えられます。

体外受精などの高度生殖医療の場合、多胎妊娠になることも少なくありません。高齢出産の場合は、出産時の体力低下も心配になりますので、医師の指示に従って、安全な出産法を選択することも大切でしょう。

こうしたことから、自分が何歳くらいで出産したいのか、不妊治療の可能性も含めライフプランをたてておきたいものです。また、何年も子どもができないと悩まなくてもすむように、パートナーと共に、早めに不妊検査を受けておくことも必要でしょう。

高齢出産への道のり