高齢出産への道のり

高齢出産の基礎知識

高齢出産の定義

高齢出産とは、正確に言うと、ある年齢以上になってから初めて出産する「高年初産(こうねんういざん)」のことを言います。日本産婦人科学会では、35歳以上で初産の場合を高齢出産と呼んでいます。

1992年までは30歳以上の初産としていましたが、社会情勢の変化や晩婚化に合わせ、それ以降は35歳以上に引き上げられています。またWHO(世界保健機構)をはじめとする諸外国でも、35歳以上とするところが多いので、それに合わせたという面もあります。

特に初産婦のみを「高齢出産」と呼ぶのは、初産と2回目以上の出産では、産道の柔らかさや骨盤の状態が異なるからです。そのため高齢の経産婦は初産婦に比べて、母体の健康におけるリスクは多少低くなるという傾向はあります。

しかし初産婦・経産婦を問わず、生まれてくる子供の健康に対するリスクが35歳を境に急激に高まるわけではなく、30歳以上から徐々に高まってきます。

近年の晩婚化に伴う高齢初産婦の増加に合わせて、周産期における医療技術のサポートは格段に進化しています。高齢だからといって、昔のように皆が難産で、母子共に危険にさらされる、ということはほとんどありません。また、高齢妊婦に起こりがちな妊娠中の病気や不調も治療法が確立されてきています。

しかし、やはり母体の体力面や生殖機能の衰えなど、若い世代に比べてリスクとなる点が多いのは事実です。高齢出産を望むなら、リスクについてしっかりと情報収集して、リスクを最小限に抑えるように心がけることは必要でしょう。

高齢出産への道のり