高齢出産への道のり

高齢出産のメリット

経済的なゆとり

精神的なゆとりとともに、高齢出産のメリットとして挙げられるのが、経済的なゆとりです。 30代、40代で二人そろって働いてきた夫婦なら、収入面でも余裕があるのではないでしょうか。キャリアを積んで、ある程度の役職についているなら、貯蓄もあるでしょう。

出産と子育てには、予想以上にお金がかかります。また妊娠の前に不妊治療を行うなら、高額の治療費も見込まなければなりません。そうした時に、経済的にゆとりがあるということは、安心して妊娠・出産ができるということで、精神面での余裕にもつながります。

また、子育てにも体力が必要です。若い頃のように、子どもを追いかけて一日動き回るということは難しいかもしれません。さらに出産後も変わらず仕事を続けるなら、ベビーシッターや託児所を利用することも考えなければいけないでしょう。

そうした時に経済的に余裕があれば、体力面での不安を経済力で補えます。子育てをしつつ、自分の体をいたわることもできます。

若い頃から仕事に打ち込み、休日には旅行や趣味を満喫して、充実した日々を過ごしてきた女性が、経済的に充分な余裕を持った上で高齢出産に臨むことも多いのです。そうした女性なら、自分なりの育児観を確立し、自信を持って子育てに向かえるでしょう。

結婚後は夫婦二人の生活をゆっくり楽しみ、30代になってから出産したい、というライフプランを描く場合もあるでしょう。その場合は、出産・育児に向けてしっかりと貯蓄をしておきたいものです。

高齢出産への道のり