高齢出産への道のり

高齢出産のメリット

精神的なゆとり

「高齢出産は危険」とよく言われがちですが、高齢出産ならではのメリットもあります。その一つが、豊富な人生経験に裏付けされた精神的なゆとりがある点です。

30代から40代の女性は、仕事と結婚生活を両立させてがんばってきた人が多いでしょう。その年齢になると、仕事もキャリアを積み、責任あるポジションについている人もいるでしょうから、自分に自信を持ち、強い精神力を持っているのではないでしょうか。

また、広い視野を持ち、冷静な判断もできるでしょう。妊娠・出産から子育てにおいては、そういった安定した精神状態と、ゆったりと大らかな気持ちがとても大切なのです。

実際に、10代や20代前半で出産した若い母親は「育児に自信がない」「もう少し遊びたかった」「他の友だちは遊んでいるのがうらやましい。子育てが楽しくない」といった意見が聞かれます。また、子育て疲れからイライラしたり、子どもに当たったりということもありがちです。もちろん年齢を問わず個人差はありますが、人生経験の浅い若い世代では、緊急事態に対応できる精神力も未熟である場合が多いのです。

それに対して、高齢出産の母親は、あまりイライラしたり、ヒステリックになったりということがないようです。やっと授かった赤ちゃんなので、大事に育てたいという思いもあるのでしょう。

仕事に結婚生活に、さまざまな経験を経て、それなりに達成感を得てきた30代、40代の女性なら、子育てもきっと楽しみながら、落ち着いてできるはずです。

高齢出産への道のり