高齢出産への道のり

高齢出産の妊娠中

体重管理

高齢出産に限らず、妊娠中の体重管理はとても大切です。規則正しい食生活とも関連しますが、妊婦の肥満は妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などの合併症を起こしやすくなります。また肥満すると腟にも脂肪がつきます。その結果、産道が狭くなり、出産に時間がかかって難産となります。

他にも肥満になると、腰痛や背痛、便秘、産後に母乳の出が悪い、体重が戻りにくいなどのデメリットがあります。

逆に妊娠中の無理なダイエットで痩せすぎると、胎児にも栄養が回らなくなり、2500グラム以下の低出生体重児となる危険があります。厚生労働省の発表では、体重の少ない新生児は成人後に生活習慣病にかかりやすいとされています。妊娠中は適度な体重を保つことが重要なのです。

体重管理のためには、毎日、自分で体重を量りましょう。妊娠中は胎児の成長とともに母親の体重も増えますが、一定以上を超えて増加するのは好ましくありません。妊娠前の体型によって個人差はありますが、トータルで標準的な体型の人なら8~9kg、やせ型の人は10~12kg、太り気味の人なら5~6kg程度の増加に抑えましょう。

標準的な体型の人で、1週間に200~300gずつ増加するのが目安です。500gを超えたら太りすぎですので、医師に相談しましょう。

体重が増えたからといって、いきなり食事制限をするのは、妊娠中は避けましょう。バランスのよい食事をしつつ、軽い運動などをして体を動かすことで、体重を減らした方が体のためにも良いのです。担当の産科医と相談して、効果的な体重管理を行いましょう。

高齢出産への道のり