高齢出産への道のり

高齢出産のリスク

流産・早産

妊娠22週目までに胎児が何らかの原因で亡くなってしまうことを流産と言います。母親の年齢を問わず流産は起こりますが、全年齢における流産率が10%前後に対し、高齢出産の流産率は25%前後と、特に多くなっています。

流産の約9割を占めるのが妊娠10週頃までの流産で、これを「初期流産」と言います。原因は卵子の質の低下による受精卵の染色体異常や、子宮の衰えと言われています。このため高齢出産の場合は、この初期流産が多くなってしまうのです。

流産にショックを受け、自分が悪いのかと思ってしまう人もあるでしょうが、原因は胎児の染色体異常がほとんどであり、100%の予防策はありません。20代の若い母親でも、1割は経験することなのです。

また「遅くまで仕事をしていた」などといった母親の行動や、身体的特徴が原因となることはありません。流産したからといって、妊娠自体が否定されることはないのです。

妊娠10週目以降の流産に関しては、子宮内感染症などの子宮の疾患、過度の疲労やストレスなどが原因になるので、母親が体調管理することである程度回避できます。下腹部の痛みや出血などの症状を自覚したら、すぐに病院に行きましょう。

早産は、妊娠22週から36週までの間に赤ちゃんが出てきてしまうことを言います。これは高齢出産かどうかには関係なく、妊娠中毒症や子宮筋腫などの疾患があれば早産のリスクが上がります。お腹の張りや少量の出血などが、早産の兆候です。こうした症状を感じたら、すぐに病院に行きましょう。

高齢出産への道のり