高齢出産への道のり

高齢出産の出産

産院選び

高齢出産はリスクが高いという認識が一般的には高いことから、設備の整っていない助産院や病院では、高齢出産の妊婦を断るところもあります。高齢出産では緊急帝王切開や早産となる可能性もあり、安心して出産するためには産院選びが大切になります。

個人病院や産科専門のクリニックでは、医師の数が少なく、一人の医師が担当する人数も多くないので、妊娠から出産まで同じ医師に診てもらえるというメリットがあります。長期間、診てもらえることで、医師との信頼関係も築けます。

最近ではその病院の得意とする出産方法や特徴あるサービスをアピールする病院も増えており、きめ細かい対応が期待できるでしょう。 デメリットとしては、一人の医師と長期間接するということは、その医師との相性が合わなければコミュニケーションがうまく図れず、ストレスになるかもしれません。

大学病院や総合病院の場合は医療技術や設備、スタッフが充実しています。新生児集中治療室(NICU)など高度な医療設備も備わっており、緊急時の対応も敏速です。高齢出産や、持病があるハイリスクな妊婦さんは、万が一の時にも安心できるでしょう。

デメリットとしては、医師の数が多いため、診察のたびに医師が変わったり、十分な相談時間を取れないことなどがあります。分娩の時に、担当医に取り上げてもらえない場合もあるので注意が必要です。

最近では病院の特徴が調べられる検索サイトも豊富にあります。出産経験者の口コミも参考になるでしょう。妊娠中の経過や、自分の体調の変化も合わせて病院選びをしましょう。

高齢出産への道のり