高齢出産への道のり

高齢出産の出産

産後の回復

高齢出産の年代は、個人差はあっても若い頃より体力は落ちています。産後の身体の回復が遅くなるのもやむを得ないところです。 出産直後はいわゆる「産後の肥立ち」といって、大きくなった子宮や身体を元に戻そうとする力が働きます。

胎児を育てるために大きくなっていた子宮は、出産後、妊娠前の大きさに戻るために収縮します。この時に後陣痛といって、お腹がギューッと縮むような痛みを伴うことがあります。痛みの度合いは個人差がありますが、たいていは出産の翌日にはおさまります。また、初産よりも二人目以降の方がきつくなるようです。痛みがひどいようなら、鎮痛剤を出してもらえます。

高齢出産だからといって後陣痛がきついということはありませんが、陣痛がきちんと起きてスムーズに出産できた場合の方が、微弱陣痛で難産だった場合よりも、子宮の回復が早いようです。

子宮の収縮に伴い、子宮内部の胎盤や胎膜、粘液などが血液とともに排出されます。これを悪露(おろ)といい、産後2、3日までは多量にあります。産後1週間くらいは月経時と同じような出血があり、だんだん色も褐色からクリーム色に近くなって量が減り、1カ月くらいで白色のおりもの状になります。

こうなると子宮が回復したという目安になります。悪露が長引いたり、痛みや発熱などがあれば、産婦人科を受診しましょう。

出産の疲れに加え、こうした子宮の回復に伴う痛みや不快感もあるため、体力を消耗しますが、決して無理せず、自分のペースで体を休めつつ乗り切りましょう。

高齢出産への道のり